1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3833)

糖蛋白質糖鎖の微量構造決定法の開発とその応用

  • 木幡  陽木幡  陽
糖蛋白質の糖鎖構造の研究のために、現在広く使われている一連の新しい技術を開発した。これらの技術を使うことによって、糖蛋白質のアスパラギン結合型糖鎖の構造に法則性があることを見出し、これらの糖鎖を高マンノース型、複合型、および混成型に分類することを提唱した。この構造上の新知見は、糖蛋白質のアスパラギン結合型糖鎖の複雑な生合成機構を解明する重要な緒となった。


 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、1986年、木幡 陽(東京大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

仮カテゴリ
(仮サブカテゴリ)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1986
男女雇用機会均等法が施行される。
1986
三原山が209年ぶりに爆発する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

糖蛋白質糖鎖、微量構造決定法、糖鎖構造
Page Top