1. HOME
  2. 材料関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3811)

マルテンサイト変態に関する研究

  • 西山 善次西山 善次
マルテンサイト変態の機構論を確立するためにX線回折および電子顕微鏡を用いた。まず、炭素鋼中のマルテンサイトの結晶構造が正方晶となっていることを決定し、Fe-30% Ni合金でマルテンサイト変化の前後において結晶格子に方位の関係が存在することを見出した。次に、鉄合金、銅合金、チタン合金の電子顕微鏡観察により、双晶欠陥、積層欠陥、転位などの格子欠陥を明らかにした。これらの事実はマルテンサイト変態の二重変形説を支持するものである。



 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、1965年、西山 善次(大阪大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

材料関連
(材料関連)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1965
佐藤首相が首相として、戦後初めて沖縄を訪問する。
1965
ソ連の宇宙飛行士が、人類初の宇宙遊泳に成功する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

マルテンサイト変態、合金結晶構造
Page Top