1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号38)

ACOSシステム2000シリーズに関する技術

ACOSシステム2000

図1 ACOSシステム2000

ACOSシステム2000シリーズの諸元

表1 ACOSシステム2000シリーズの諸元

 日本電気は1986年2月、当時世界最大・最高速の超大型汎用コンピュータACOSシステム2000シリーズを発表した。同シリーズは、ゲートあたり遅延時間100ピコ秒の1,000ゲート超高速論理LSI(CML)、ゲートあたり遅延時間170ピコ秒の4,000ゲート超高速・高集積度論理LSI(CML)、アクセスタイム3ナノ秒の16キロビット超高速バイポーラRAM、1メガビットDRAMなどのLSI技術、10センチメートル角の多層セラミック基板上に最大42個のLSIを搭載できる実装技術、さらに従来の空冷ではなく液体で冷却する直接液体冷却方式の採用に加えて、パイプライン方式、統合アレイプロセッサ方式などの採用で世界最大、最高速を実現した。

 また、RAS専用の独立したプロセッサの採用をはじめ、I/Oコマンドからファームウェア命令までの幅広い自動再試行機能、プロセッサリリーフ機能、動的再構成機能などにより高い稼働性を実現している。また、疎結合多重プロセッサシステムでは、異常時に待機システムに自動的にしかも瞬時に切り替えられるホットスタンバイ機能や複数のプロセッサがオンライン処理を同時に行う負荷分散疎結合多重プロセッサシステムでも正常なシステムで処理するフォールトトレラント機能を持っているため高信頼性システムの構築を可能にしている。

 さらに、人工知能(エキスパートシステム)を応用し、専門的な知識を持たない人にもコンピュータの運用・利用を容易にしている。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1986年
日本電気:世界最大・最高速の汎用超大型コンピュータACOSシステム2000シリーズ発表

世の中の出来事

1986
男女雇用機会均等法が施行される。
1986
三原山が209年ぶりに爆発する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、汎用コンピュータ、RAS、統合アレイプロセッサ、パイプライン、疎結合マルチプロセッサシステム、ホットスタンバイ、液体冷却、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top