1. HOME
  2. 思想・芸術関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3715)

ピアノによる即興演奏の可能性を極限まで追求した革新的なジャズ・ミュージシャン

セシル・テイラー

 フリー・ジャズの代表的なピアニストとして、従来のイディオムによらない革新的な即興演奏を、独特の音楽構成と打楽器的な演奏スタイルによって生み出し、ジャズに新たな可能性を切り拓いた。長年にわたって妥協することのない孤高の道を歩んできた芸術家であり、卓越した演奏技術と強靭な精神力から生み出される生命力あふれる演奏は、音楽の広い分野に多大な影響を及ぼしてきた。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、2013年、セシル・テイラーに京都賞(思想・芸術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

音楽
(音楽)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ジャズ・ミュージシャン、フリー・ジャズ運動、ピアニスト、即興演奏法、即興演奏家、アフリカ系アメリカ音楽、芸術家
Page Top