1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3711)

細胞の環境適応システム、オートファジーの分子機構と生理的意義の解明への多大な貢献

大隅 良典

 細胞が栄養環境などに適応して自らのタンパク質分解を行う自食作用「オートファジー」に関して、酵母を用いた細胞遺伝学的な研究を進めて世界をリードする成果をあげ、その分子機構や多様な生理的意義の解明において、多大な貢献を果たした。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、2012年、大隅 良典(東京工業大学)に京都賞(基礎科学部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

生物科学
(分子生物学)
生物科学
(細胞生物学)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

細胞の環境適応システム、オートファジー、自食作用、タンパク質分解、オートファジー分子機構解析
Page Top