1. HOME
  2. 化学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3696)

有機分子エレクトロニクスへの先駆的・根幹的貢献

井口 洋夫

 複数のベンゼン環を含む有機分子間の電気伝導に関する研究を先駆的に進め、有機物質の電気伝導性に関する科学の礎を築いた。また、多種の有機物質の光電子分光計測を先導的に進め、電子構造を系統的に明らかにした。これらの研究により、有機物質の電子的な研究に必須の学術基盤を築き、その後の有機分子エレクトロニクスの発展に根幹的な貢献を果した。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、2007年、井口 洋夫(東京大学、自然科学研究機構)に京都賞(先端技術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

基礎化学
(有機化学)
材料化学
(デバイス関連化学)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2007
京都大学の山中伸弥教授が、人の皮膚からのiPS万能細胞の開発に成功する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

有機分子エレクトロニクス、電子受容性物質、電荷移動錯体、導電性有機物質、有機発光素子、EL素子
Page Top