1. HOME
  2. 思想・芸術関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3686)

日本を代表する古典演劇 文楽 の人形遣いの第一人者

初代 吉田 玉男

 日本の古典芸能である「文楽」の人形遣いとして最高峰にあり、単に技芸の伝承にとどまらず、長年のたゆまぬ努力によって培われた芸と、物語と役の性根に深い理解をもって、人形の動きに創意・創作を加えることにより、人間以上の情を描き出し、「文楽」を世界で最も高度で洗練された人形劇にまで高めた。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、2003年、初代 吉田 玉男に京都賞(思想・芸術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

映画・演劇
(映画・演劇)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2003
国立大学法人法が成立する。
2003
日米欧などの国際チームがヒトゲノム解読完了宣言をする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

古典演劇、文楽、人形遣い、日本三大古典芸能、人形浄瑠璃、重要無形文化財、人間国宝、文化功労者
Page Top