1. HOME
  2. 思想・芸術関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3683)

独創的な形態と構造を通じて自然と人間との新しい関係を表現し続けた建築家

安藤 忠雄

 コンクリート打ち放しの建築に自然の息吹を感じさせる独自の表現によって、近代建築の可能性を極限にまで推し進め、日本を代表する建築家として、世界を舞台に現代建築の可能性を開拓し続けている。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、2002年、安藤 忠雄 (東京大学)に京都賞(思想・芸術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

美術
(美術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2002
日韓で第17回サッカーワールドカップが開催される。
2002
欧州単一通貨「ユーロ」が12カ国で流通開始する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

コンクリート打ち放しの建築、近代建築、現代建築、現代建築、日本建築、建築家の社会的責任
Page Top