1. HOME
  2. 思想・芸術関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3664)

ポップアート作品により芸術の本質とその社会的役割を問い続けた画家

ロイ・リキテンスタイン

 1960年代にポップアートの旗手として登場して以来、30年以上にわたって、独自の表現語法により、芸術の本質とその社会的役割を鋭く問いただす優れた作品を数多く生み出し、現代美術に大きな影響を与えた。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、1995年、ロイ・リキテンスタインに京都賞(思想・芸術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

美術
(美術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1995
阪神・淡路大震災が起こる。
1995
地下鉄サリン事件が起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ポップアート、画家、造形芸術家、コミック・ストリップ、高度消費社会、造形表現、大衆イメージ
Page Top