1. HOME
  2. 思想・芸術関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3655)

「批判的合理主義」の立場から、「反証可能性」に基づく科学理論の解明及び開かれた社会の実現を呼びかけ、世界に大きな影響を与えた哲学者

カール・ライムント・ポパー

 科学的思考の特徴は反証可能性にあるとする「批判的合理主義」を主張した新しい思想と、社会の発展のあり方を的確に捉えることにより、哲学のみならず人文・社会科学から自然科学にまで及ぶ、現代の知的状況の形成に多大な影響を与えてきた20世紀の開かれた精神を象徴する哲学者である。


 (具体的内容は、右欄のWebページ「京都賞サイト」参照)

 本研究の成果に対して、稲盛財団は、1992年、カール・ライムント・ポパー (ロンドン大学)に京都賞(思想・芸術部門)を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

思想・倫理
(思想・倫理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1992
山形新幹線が開業する。
1992
ボスニア・ヘルツェゴビナが内戦状態となる。(ユーゴスラビア)

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

批判的合理主義、反証可能性、科学理論、哲学者、科学的思考、認識論、漸次的社会工学、開かれた社会
Page Top