1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3295)

ペアリング暗号解読の世界記録達成および安全な次世代暗号の選定

 次世代の暗号技術として, 機密情報を保護したままデータの利活用ができるなど, 従来にない幅広い応用に期待が集まっている「ペアリング暗号」について, 従来は解読に数十万年かかり安全とされてきた278桁長の暗号を, 独自に開発した新攻撃理論をベースとすることで, 148.2日で解読することに成功し, 暗号解読の世界記録を樹立した. 更に本成果から, 最新の理論・最高性能のスパコンを使ったとしても解読されない暗号の桁長が導かれたことは, 次世代暗号の安全な利用へと繋がり, わが国の電子政府や暗号の国際標準化を通じて, 情報産業分野の未来を築くことに貢献する業績である.

 本研究の成果に対して、情報処理学会は、2012年、高木 剛(九州大)、林 卓也(九州大)、篠原 直行(NICT)、下山 武司(富士通研究所)に喜安記念業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(その他(情報処理))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ペアリング暗号解読
Page Top