1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号32)

一石他励式インバータ搭載蛍光灯スタンド

  • 写真なし小山 敦夫
  • 写真なし赤塚 美津雄
  • 写真なし中川 尚人
  • 写真なし越光 健彦
  • 写真なし中村 隆弘
  • 写真なし守屋 俊行
一石他励式インバータ搭載蛍光灯スタンドの外観

図1 一石他励式インバータ搭載蛍光灯スタンドの外観

一石他励式インバータの外観

図2 一石他励式インバータの外観

 蛍光ランプは他の放電ランプと同様、電流が増すにつれて電圧が低下するという特性(負特性)のため、安定して発光させるには安定器が欠かせない。また、速やかに放電を開始させるのにグロースタータ(点灯管)などの点灯回路が必要である。だから蛍光灯という照明器具は長い間、蛍光ランプと安定器と点灯回路が一体となっていた。

 鉄芯に銅線を巻いた銅鉄形安定器は、かさばるうえに重い。そのため蛍光灯は卓上スタンドには不向きとされてきたが、1984年10月に登場した蛍光灯スタンドには安定器も点灯管もなく、見かけもすっきりしていた。これが「インバータ式」あるいは「高周波点灯方式」の蛍光灯である。

 新しいタイプの蛍光灯には、安定器に代わってインバータ回路が組み込まれている。この回路の主要部品は一石他励式インバータである。つまりトランジスタをわずか一個しか使っておらず、これによって蛍光灯の小型化が可能となった。

 インバータ装置は商用交流(50/60Hz)を高周波(20kHz~50kHz)の交流電力に変換するので、ちらつきが少なく、瞬時に点灯できるうえ器具から出る騒音も小さい。銅鉄形安定器のように鉄芯の渦電流で生じる損失(鉄損)も、銅線の抵抗からくる損失(銅損)もほとんどなくなり、省エネにもつながった。

 一石他励式インバータを考案して初めて蛍光灯スタンドに高周波点灯方式を採用した業績は高く評価され、安定器つきのスタンドでは考えられなかった斬新なデザインの蛍光灯スタンドの登場は、照明業界にも大きなインパクトを与えた。

 本研究の成果に対して、照明学会は、1985年、小山 敦夫(日立照明(株))、赤塚 美津雄(日立照明(株))、中川 尚人(日立照明(株))、越光 健彦(日立照明(株))、中村 隆弘(日立家電販売(株))、守屋 俊行((株)日立製作所)に日本照明賞を贈った。

文献

[1] 中川,熊田,赤塚,小山、小形蛍光ランプ用電子安定器の開発、1984年、照学全大,p.25

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

照明
(灯具)

関連する出来事

1984年10月
業界で初めてインバータを搭載した蛍光灯スタンドを実用化

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

高周波点灯、インバータ、一石他励式、蛍光灯スタンド、蛍光灯器具、点灯回路・制御システム
Page Top