1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号287)

NEACシステム50II,100II,150II(日本電気)に関する技術

NEACシステム50II

図1 NEACシステム50II

NEACシステム50II,同100II,同150IIの諸元

表1 NEACシステム50II,同100II,同150IIの諸元

 日本電気は,1980年2月,本格的な日本語処理システムを採用したNEACシステム50II,100II,150IIを発表した.本製品は,1978年に発表した対話指導型のオフィスコンピュータNEACシステム100モデル40/モデル60/モデル80ならびにNEACシステム150の使いやすさを発展させるために,ハードウェア,ソフトウェアを強化し,全機種に日本語処理機能を可能にした本格的な日本語による対話指導型のオフィスコンピュータである.


その特長は,

1)日本語による対話指導型データ処理の実現
 漢字ひらがな文の対話が見やすいように24×24ドット表示の日本語ワークステーションを開発し,対話指導能力を強化し,また,1文字24×24ドットの明朝体文字を毎分60行印字できるラインプリンタを接続することで,処理能力の高い日本語処理システムを実現した.
2)日本語専用機種ではなく,全機種で日本語データ処理ができるようになった国内初のオフィスコンピュータファミリー.
3)日本語処理と従来型データ処理システムの併用を可能にし,また,従来型データ処理に日本語処理機能を増設して業務を逐次拡大していくことを可能にした.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1980年2月
日本電気:国内初の日本語処理システムを採用したNEACシステム50II,100II,150II

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本語処理システム、対話指導型、日本電気、計算機ハードウェア、計算機ソフトウェア、オフィスコンピュータ
Page Top