1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2867)

輸送現象とガラス転移の理論

  • 川崎 恭治川崎 恭治
 電気伝導や熱伝導のような輸送現象が相転移点の近くで異常な振舞いを示すメカニズムを、モード結合理論とよばれる方法を開発・発展させて見事に解明した。この方法はガラス転移のように極めてゆっくり変化する現象を理解するのにも有効であることが最近わかってきた。

 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2001年、川崎 恭治(中部大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2001
米国中枢で同時多発テロが発生する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

輸送現象、ガラス転移、相転移点、モード結合理論、MCT、動的臨界現象、臨界ゆらぎ、気体の輸送係数、密度補正、非線型輸送、過冷却液体
Page Top