1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2850)

深部地下における宇宙線の研究

  • 三宅 三郎三宅 三郎
 インドのタタ研究所と協力して世界一深いインドのコラ金鉱の坑道の各深さで宇宙線の現象を18年間観測し、地下11000 hg/cm2までの宇宙線μ粒子の「深さと強度の関係」および各深さでの天頂角分布を明らかにした。これによって100 TeVまでのμ粒子のエネルギー・スペクトルが得られ、これらμ粒子の発生機構について議論できるようになった。


 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、1979年、三宅 三郎(東京大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1979
国公立大学の共通1次試験が始まる。
1979
インベーダーゲームがブームとなる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

宇宙線の研究、コラ金鉱、素粒子物理研究、ニュートリノ、宇宙線ミュー中間子、深さと強度の関係、天頂角分布
Page Top