1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号285)

OKITAC8300(沖電気)に関する技術

OKITAC8300モデル38

図1 OKITAC8300モデル38

OKITAC8300モデル32

図2 OKITAC8300モデル32

OKITAC8300モデル諸元

表1 OKITAC8300モデル諸元

 スーパーミニコンピュータOKITAC8300は32ビットアーキテクチャによる高性能化,メモリ空間の拡張(64メガバイト),仮想記憶,マルチタスク,マルチユーザ,ネットワーキング,データベース,オンライントランザクション処理を装備したものであり1988年に発表された.


 当時の1980年代の半ばは,ホストコンピュータを中心にSNAによる垂直分散するクローズしたシステムから,ネットワークの進歩やパソコンの台頭や多様な業務のコンピュータ化により,開放型水平分散システムに移行していた時代であった.OKITAC8300はまさにこれらに応えるべく開発されたものであった


 OKITAC8300のハードウェアは,専用CMOS LSIで3.5MIPSのプロセッサと後に5MIPSのマルチプロセッサ,64メガバイトの主記憶装置,大容量な外部記憶装置,多様な通信制御,各種のRAS機能や2重化機能を装備し,小規模なホストコンピュータや部門コンピュータ,各種サーバとして活用された.


 また,OKITAC8300シリーズは6モデル取り揃えられ,主に中・大規模システム用のキャビネットタイプ(モデル38,58,68)と,主にオフィス向けの小・中規模システム用のデスクサイドタイプ(モデル32,52,62)がシステムの規模,将来の拡張性・設置条件などにより選択された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1988年7月
沖電気:32ビットスーパーミニコンOKITAC8300

世の中の出来事

1988
リクルート事件が政治問題化する。
1988
青函トンネルが開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパーミニンピュータ、マルチタスク、マルチユーザ、データベース、オンライントランザクション処理、ミニコンピュータ、計算機アーキテクチャ、オペレーティングシステム
Page Top