1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号284)

MELCOM70 MX/5000シリーズ,MX/5000IIシリーズ(三菱電機)に関する技術

MELCOM70 MX5800

図1 MELCOM70 MX5800

MELCOM70 MX/5000シリーズ,MX/5000IIシリーズ(三菱電機)諸元

表1 MELCOM70 MX/5000シリーズ,MX/5000IIシリーズ(三菱電機)諸元

 三菱電機のスーパーミニコンMX5600,MX5700,MX5800は,高速化アーキテクチャを2万ゲートおよび1.1万ゲートのCMOS VLSIに集約し,高信頼性と低消費電力を実現したMELCOM70 MXシリーズの上位モデルである. MX5600,MX5700は,MX/2600の3.3倍の演算性能を持っている.可変長9ステージパイプライン,80メガバイト/秒の高速バス,256キロバイトの大容量キャッシュメモリを搭載.64ビットの演算パスによる倍精度演算の高速化,通信制御やプログラム開発で多用するキャラクタ/ストリング処理のVLSI化により,総合的な処理能力が向上している


 MX/5600はデスクサイドキャビネットのモデル,MX/5700は,システムの拡張性を持たせたモデル,MX/5800は,密結合マルチプロセッサ構成のモデルである.また,MX/5700とMX/5800は,最大32メガバイトのコモンメモリを持ち最大4CPUの結合を可能とするマルチ・コンピュータシステム構成をとることができる.


 MX/5600II,MX/5700II,MX/5800II は,新規開発の浮動小数点LSIにより,短精度・倍精度浮動小数点演算や関数演算を高速化し,MX/5600,MX/5700,MX/5800に比べ,CPU性能を25%向上させている.また,ディスク容量を強化している.


 OSは,UNIX(SYSTEM V + BSD拡張)と三菱電機が開発したリアルタイムOSを融合したOS60/UMXを搭載しており,MXシリーズ間でのハードウェアおよびソフトウェアの完全上位互換性を持っている.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1988年4月
三菱電機:32ビットスーパーミニコンの上位機 MELCOM70 MX/5000シリーズ

世の中の出来事

1988
リクルート事件が政治問題化する。
1988
青函トンネルが開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパーミニコン、高速化アーキテクチャ、キャラクタ/ストリング処理、密結合マルチプロセッサ、OS60/UMX、三菱、CMOS VLSI、可変長9ステージパイプライン、ミニコンピュータ、計算機アーキテクチャ、オペレーティングシステム
Page Top