1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号281)

MELCOM70 MX/2000,MX/2600,MX/2800,MX/2900(三菱電機)に関する技術

MELCOM70 MX/2600

図1 MELCOM70 MX/2600

MELCOM70 MX/2000,MX/2600,MX/2800,MX/2900(三菱電機)の諸元

表1 MELCOM70 MX/2000,MX/2600,MX/2800,MX/2900(三菱電機)の諸元

 MX/2000は,高密度実装技術により,MX/3000の高速・高性能を,フロアスタンド形キャビネットに収納した三菱電機のスーパーミニコンである.CPUには高速浮動小数点演算機構付32ビットカスタムLSIを採用し,4段パイプライン制御により基本命令の高速化を図り,1.2MWIPS(Whetstone Instructions Per Second)の処理性能を実現した.さらに,スプリット方式の高速バスを採用している.また,32キロバイトのダイナミックキャッシュに96キロバイトのスタティックキャッシュを加え,合計128キロバイトの大容量・高性能キャッシュメモリにより,高速演算を可能としている.また,スタティックキャッシュ効果により,OSの処理を高速化した.


 MX2600は,MX2000のコンパクトなアーキテクチャを踏襲し,内蔵補助記憶装置を強化したスーパーミニコンである.


 MX2800は,MX2600の基本処理装置を2台備えた密結合のマルチプロセッサである.


 MX2900は,MX2600の基本処理装置に,ベクトル演算で威力を発揮する16MFLOPSの内蔵型アレイプロセッサを備えたものである.また,高速スタティックRAMで構成する高速主記憶装置(0.5メガバイトまたは1メガバイト)を装備することにより,内蔵型アレイプロセッサのパイプラインにデータを無駄なく供給可能となり,ベクトル処理性能を最大限に引き出すことが可能となる.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年9月
三菱電機:コンパクトで高性能な32ビットスーパーミニコンMELCOM 70 MX/2000シリーズ

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパーミニコン、4段パイプライン制御、1.2MWIPS(Whetstone Instructions Per Second)、ベクトル処理性能、OS60/UMX、三菱、ミニコンピュータ、計算機アーキテクチャ、オペレーティングシステム
Page Top