1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号279)

FACOM(FUJITSU) S-3000シリーズ,PANAFACOM S-3000シリーズ(富士通,PFU)に関する技術

FACOM/PANAFACOM S-3300

図1 FACOM/PANAFACOM S-3300

FACOM/PANAFACOM S-3500

図2 FACOM/PANAFACOM S-3500

FACOM(FUJITSU) S-3000シリーズ/PANAFACOM S-3000シリーズ 諸元

表1 FACOM(FUJITSU) S-3000シリーズ/PANAFACOM S-3000シリーズ 諸元

 富士通・パナファコム(現PFU)初の32ビットスーパミニコン.1983年2月に,パナファコムの16ビットミニコンPANAFACOM U-1000シリーズの上位機として,富士通からFACOM S-3000シリーズ,パナファコムからPANAFACOM S-3000シリーズが発表された.これらは,ブランド名が異なるだけで,まったく同じ製品である.このS-3000シリーズは,S-3300とS-3500の2機種からなり,富士通の汎用コンピュータFACOM M-300シリーズの資産をベースに,ミニコンとしての機能(プロセス制御機器とのCPU直接接続,リアルタイム処理用機能,主記憶のバッテリバックアップ機能など)を追加して2社で共同開発された.LA(ラボラトリオートメーション),CAD/CAM,FA(ファクトリオートメーション),各種科学技術計算,通信制御など幅広い分野で使われた.


 なお,ブランド名「FACOM」は1990年5月以降「FUJITSU」に変更された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1983年2月
富士通・パナファコム(現PFU):同社初の32ビットスーパーミニコンS-3000シリーズ2機種

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパミニコン、プロセス制御機器、CPU直接接続、リアルタイム処理用機能、CAD/CAM,FA(ファクトリオートメーション)、ミニコンピュータ、計算機ハードウェア
Page Top