1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号276)

NEC MS120,MS140,MS190(日本電気)に関する技術

MS140

図1 MS140

MS190

図2 MS190

NEC MSシリーズ 32ビットファミリーの主な諸元

表1 NEC MSシリーズ 32ビットファミリーの主な諸元

 1982年,日本電気は32ビット高性能ミニコンピュータ NEC MS120,MS140,MS190を発売した.


 この32ビットファミリーは32ビットアーキテクチャの採用に加え,パイプライン制御,メモリインタリーブ,OS機能の一部ファームウェア化,高速標準バスなどを採用し,システムの高速化を実現した.特に1月に発表したMS190は,超大型汎用コンピュータACOSシステム1000の技術であるCML LSIを採用し,科学技術計算で世界最高速のパフォーマンスを実現した.


 オペレーティングシステムNCOS1は,通信ネットワーク制御,産業制御,科学技術計算,分散処理などさまざまな用途に適用されるマルチサービスオペレーティングシステムで,複数のオンラインリアルタイム処理,TSS処理,バッチ処理の同時実行を効率よく実現した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年1月
日本電気:ミニコンピュータ領域で世界最高速の32ビットミニコンMS190

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

パイプライン制御、メモリインタリーブ、オンラインリアルタイム処理、TSS処理、日本電気、計算機ハードウェア、計算機ソフトウェア、ミニコンピュータ
Page Top