1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号275)

HITAC E-800シリーズ(日立)に関する技術

HITAC E-800

図1 HITAC E-800

 HITAC E-800は日立製作所が開発した32ビットスーパーミニコンピュータで1980年に発表された.32ビットアーキテクチャでHITAC Mシリーズと命令互換を有し,分散処理システムへの適応,処理能力の拡大が図られた.ハードウェアはカスタムLSIの採用,キャッシュメモリの搭載などによって小型化,高速化を実現した.周辺装置は磁気ディスク装置の最大8台接続,Mシリーズインタフェースチャネル接続によるMシリーズ周辺装置の接続を可能にした.ソフトウェアはメインフレームの考え方を継承した「DPOS」を稼働させ,豊富なネットワーク支援機能によってメインフレームとの整合性を高めた.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1981年9月
日立:HITAC 20後継の32ビットスーパーミニコンHITAC E-800シリーズ

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパーミニコンピュータ、分散処理システム、カスタムLSI、ネットワーク支援機能、32ビットスーパーミニコンピュータ、計算機ハードウェア、HITAC Mシリーズと命令互換、日立、ミニコンピュータ
Page Top