1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号268)

SX-1,SX-2(日本電気)に関する技術

SX-2

図1 SX-2

SX-1,SX-2の主な諸元

表1 SX-1,SX-2の主な諸元

 1983年4月,日本電気は,初めて1ギガFLOPSを超えたスーパーコンピュータSX-1,SX-2を発表した.同機は,多重並列動作ができる高性能ベクトル演算パイプラインを4セット(演算器数最大16個)使用するとともに,我が国で初めての直接液体冷却方式による新型LSI高密度パッケージなど最新技術を採用することによって,6ナノ秒という超高速マシンサイクルを達成し,1.3ギガFLOPS(1秒間に13億回の浮動小数点演算)という世界最高速を実現した.


 ゲート当たりの遅延時間が250ピコ秒でチップ当たり1,000ゲートの論理素子やアクセスタイムが3.5ナノ秒でチップ当たり1キロビットの記憶素子などの超高速LSIを使用.


 ベクトル演算パイプライン方式は,DOループで記述された繰り返し演算を単一命令で指示するSIMD命令を効率よく高速に処理するのに適したハードウェアアーキテクチャであり,これにより演算性能は飛躍的に向上し,核融合や分子科学研究の分野から航空,自動車の設計,さらには気象予報など科学技術用として多岐にわたる分野で使用されてきた.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1983年4月
日本電気:最大1.3GFLOPSのスーパーコンピュータSX-1,SX-2

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ギガFLOPS、高性能ベクトル演算パイプライン、新型LSI高密度パッケージ、超高速マシンサイクル、SIMD、日本電気、計算機ハードウェア、スーパーコンピュータ
Page Top