1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号267)

HITAC S-810(日立)に関する技術

HITAC S-810/20の外観

図1 HITAC S-810/20の外観

S-810の主な仕様

表1 S-810の主な仕様

日立製作所の最初のスーパーコンピュータ。1982年8月に発表された。このコンピュータは、複数個の演算器がそれぞれ並行動作する並列パイプライン演算処理技術を採用したことにより、1秒間に6億3千万回の演算を行う世界最高速の能力を備えていたほか、Mシリーズのアーキテクチャを包含していたことから、TSS機能センタ機能等それまでの汎用システム並の使いやすさが確保され、研究機関を中心に科学技術の進歩を担うユーザに広く利用された。1号機は1983年10月に東京大学大型計算機センターに出荷された。

エントリモデルS-810/5、その上位モデルS-810/10、最上位モデルS-810/20の3モデルでシリーズを形成し、下位モデルより上位モデルへは、設置場所で容易にアップグレードできた。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年8月
HITAC S-810(日立)

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スーパーコンピュータ、並列パイプライン演算処理技術、TSS機能、センタ機能、日立、スーパーコンピュータ、計算機ハードウェア
Page Top