1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号266)

FACOM VP-100シリーズ(富士通)に関する技術

FACOM VP-400 CPU

図1 FACOM VP-400 CPU

FACOM VP-50システム

図2 FACOM VP-50システム

FACOM VP-100シリーズ LSI

図3 FACOM VP-100シリーズ LSI

FACOM VP-100シリーズ 3次元スタック

図4 FACOM VP-100シリーズ 3次元スタック

FACOM VP-100シリーズ諸元

表1 FACOM VP-100シリーズ諸元

富士通のスーパーコンピュータ.1982年7月に同社初のスーパーコンピュータとして,ベクトルプロセッサFACOM VP-100およびFACOM VP-200が発表された.これらは,FACOM 230-75APUの技術を活かして,より一層の高性能化,使いやすさと汎用コンピュータFACOM Mシリーズとの親和性を狙って開発され,以下の特徴を持つ.
(1) 実際のFORTRANプログラムの解析に基づきVPアーキテクチャを策定
   単純な四則演算のみならず,データの並び替え,条件付演算の高速化に重点が置かれた.

(2) ベクトル命令を高速演算パイプラインで実行し,VP-200で最大性能500 MFLOPSを実現
   (発表後571 MFLOPSにエンハンス)

(3) 高速半導体テクノロジと高密度実装による高速化の実現

* ゲート遅延時間350ps,チップ当たり400および1300ゲートECL LSIとアクセス時間5.5nの高速RAMの最新半導体テクノロジの採用

* LSIおよびRAMを121個高密度実装可能なプリント板MCC(Multi-Chip Carrier)を新開発

* 50cm立方のスタック構造の採用によりLSI間配線を短縮

(4) 世界に先駆けてスタティックRAM(アクセス時間55nsの64キロビットSRAM)を主記憶装置に採用し高いデータ転送能力を実現

 1984年1月にFACOM VP-100シリーズ1号機(FACOM VP-100)が,名古屋大学プラズマ研究所で稼働した.

 後に,性能を強化した上位機FACOM VP-400が追加され,世界で初めて1GFLOPSを超えた処理性能を実測した.また,下位機FACOM VP-50,FACOM VP-30の追加により市場を拡大した.これらFACOM VP-100シリーズの改良機FACOM VPシリーズEモデルが1987年7月に発表された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年7月
FACOM VP-100シリーズ

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

VPアーキテクチャ、FACOM VP-100、FACOM VP-200、スーパーコンピュータ、計算機ハードウェア
Page Top