1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号246)

CCDトランスバーサルフィルターを用いたゴーストキャンセラー

  • 写真なし小原 正晴
  • 写真なし大西 俊一
  • 写真なし村上 純造
  • 写真なし牧野 進一
  • 写真なし坂上 建郎
ゴースト除去フィルターのブロック図

図1 ゴースト除去フィルターのブロック図

GCR信号波形

図2 GCR信号波形

CCDトランスバーサルフィルターの構成

図3 CCDトランスバーサルフィルターの構成

CCDトランスバーサルフィルターLSI

図4 CCDトランスバーサルフィルターLSI

アダプター形ゴーストキャンセラー

図5 アダプター形ゴーストキャンセラー

アダプター形ゴーストキャンセラーによるゴースト除去の効果

図6 アダプター形ゴーストキャンセラーによるゴースト除去の効果

製品化されたゴーストキャンセラー

図7 製品化されたゴーストキャンセラー

ゴーストキャンセラーシステム方式諸元

表1 ゴーストキャンセラーシステム方式諸元

 送信アンテナからの直接電波と建造物などによって反射されて遅れた電波が混じってアンテナで受信されるために起こるテレビゴーストは、受信画質を劣化させる大きな原因となっている。都市における高層建築物の増加は、ゴースト障害を多様化させ、その様相も、単純ゴーストから複雑なゴーストへと変化している。また、ゴーストはTVチャンネルによって出方が異なるうえ、気象条件によっては時間的にも変動する。

 家庭用受像機を対象としたゴースト除去方式には、複数ゴーストにも対処可能で全自動調整ということが必須条件である。この条件を満たすゴーストキャンセラーとして、受像機内映像段で波形等化にトランスバーサルフィルターを用い、そのタップ利得を自動的に最適値に設定するゴースト除去方式の検討を行った。

 家庭用ゴーストキャンセラーは、レベルの大ききゴーストや遅延時間の長いゴースト、またSN比が低い受信状況にも対応できる必要がある。

 家庭用受信機に組み込める回路規模で所望のゴースト除去性能と安定性を得ることのできるシステム構成として、表1の緒元の方式を提案した。さらに、小形かつ安価に実現できるトランスバーサルフィルターとして、遅延時間11,9μsまでのマルチゴーストに対応可能な129段LS1化CCDトランスバーサルフィルターを開発した。

 また、高品質に画質を改善するため、直線性の良い精密同期検波復調方式の採用とテレビ伝送全帯域を保持する急峻なゴースト除去基準信号の必要性を明らかにした。

 家庭用受信機での実用化を対象として、LSI化CCDトランスバーサルフィルターを用いるゴーストキャンセラーのアダプター型実用化モデルを試作し、室内実験による画像の主観評価およびフィールドテストを行った。この結果、ゴースト障害地区の多くの地域で実用的な性能を持つことを確かめた。

 本研究の成果に対して、映像情報メディア学会は、1983年、小原 正晴(NHK)、大西 俊一(アサカ)、村上 純造(東芝)、牧野 進一(東芝)、坂上 建郎(東芝)に丹羽高柳賞論文賞を贈った。

文献

[1] 小原,大西,宮沢、桜井、村上、ゴースト除去用基準波形の一検討、1981年、テレビ学技報、RE81-6(1981)
[2] 小原,大西,宮沢、桜井、ゴーストキャンセラのフィールドテスト結果、1981年、テレビ学技報、TEBS73-4(1981)
[3] 小原,宮沢,村上、牧野, 大関、アダプター形ゴーストキャンセラのシステム設計、1982年、テレビ学技報、IT52-1(1982)
[4] 大西,小原、マルチゴーストの自動除去、1978年、テレビ学技報,TBS49-5
[5] 大西,小原、Application of Charge Coup1ed Device for Cance1lation of TV Ghost Signals、1978年、NHK Laboratories Note, No.22
[6] 牧野, 村上,桜井,大西,小原、A Nove1 Automatic Ghost Cance1ler、1980年、IEEE Trans.vo1.CE-26,No.3
[7] 小原,村上、テレビ受信機のゴースト対策、1982年、電気学会誌,Vo1,102.No.12
[8] 小原,日下, 村上,牧野,坂上、A TV Ghost Cance11er Using a CCD Transversal Fi1ter、1983年、IEEE Trans.Vo1.BC-29,No.2
[9] 小原、トランスバーサル型自動ゴーストキャンセラ、1984年、電子通信学会論文誌(B),Vo1.J67-B,No.8
[10] 小原、トランスバーサル型ゴーストキャンセラ用基準波形の一検討、1985年、電子通信学会論文誌(B),Vo1.J68-B,No.12

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(無線や光による伝送)

関連する出来事

1983年
本装置をゴーストクリーンチューナーとして製品化
1984年
GCR信号を送信

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

トランスバーサルフィルター、ゴーストキャンセラー、VLSI設計技術、無線伝送、アンテナ・伝播
Page Top