1. HOME
  2. 土木関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2396)

液状化による多様な土の残留変形特性に関する研究

  • 風間 基樹風間 基樹
 阪神大震災後の液状化研究では様々な土が研究対象となってきた。また、性能仕様規定型の地盤の耐震設計においては、液状化地盤の地震後の残留変形量予測が重要課題となっている。
 授賞業績研究では、従来のように液状化するかしないかの二極的な液状化の概念ではなく、液状化後の残留変形を評価する手法を示し、それによって液状化に程度があることを定量的に明らかにした。また、様々な土を対象とし、液状化現象をより普遍的にとらえ、せん断中やせん断後の間隙水の出入りを考慮した浸透破壊機構や不飽和土の液状化機構を明らかにした。まさ土の研究では、風化残積土の粒度や締固め特性が変形特性に及ぼす影響を、火山灰質土の研究では土粒子の多孔質性に基づく水分保持特性に重要な働きがあることを、明らかにした。さらに、液状化後の残留変形性能評価によって、浸透固化処理工法と原理の異なる密度増大工法の効果を横並びで比較可能にしている。また、研究では、ひずみ制御型の繰返し試験、間隙水の出入りを高精度に制御した繰返し・排水再圧密試験、オンライン実験、間隙空気圧・水圧を計測した不飽和土の繰返し試験、地層抜き取り調査法など新しい手法が用いられ、これらは動土質試験技術の発展に大きく貢献している。
 以上、これらの研究成果は液状化後の地盤の残留変形量評価に関して重要な知見を与えており、土木工学の学術・科学技術の発展に大きく寄与するものと評価された。

 本研究の成果に対して、土木学会は、2009年、風間 基樹(東北大学)に研究業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

土木
(土木)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2009
鳩山由紀夫(民主・社会・国民新連立)内閣が発足する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

液状化、残留変形特性、地盤の耐震設計、残留変形量予測、浸透破壊機構、不飽和土、風化残積土、火山灰質土、水分保持特性、浸透固化処理工法、密度増大工法、動土質試験技術、液状化後の地盤、残留変形量評価
Page Top