1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2307)

非可逆過程の統計力学

  • 写真なし久保 亮五
 応答・緩和・相関の諸函数を量子力学的に定義し,それらの間の関係を調べ,一般的な揺動散逸を検討する ことによって,帯磁率,電気分極,伝導率などの量を非可逆過程に伴う力学変数の時間的揺動で厳密に表した。このようにして原子論の立場から非可逆的な量を計算する基礎となるような正確な定式化を可能ならしめる統計力学の拡張を行った。易動度と拡散常数とを関係付けているアインシュタインの式の拡張とみられる理論である。従来用いられていたボルツマンの方程式の方法よりも,より簡単でしかも一般性があり,従来求めがたかった諸結果をも導き得ている。理論的成果としてばかりでなく,応用方法にも新しい確固とした足場を与えたものとして,原子物理学の進歩に寄与するところ大きい。


 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1957年、久保 亮五(東京大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1957
南極観測隊が昭和基地を設営する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

非可逆過程、応答・緩和・相関、揺動散逸、易動度、拡散常数、ボルツマンの方程式、原子物理学、量子力学、帯磁率、電気分極、伝導率、力学変数、時間的揺動、統計力学、アインシュタインの式
Page Top