1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2298)

低密度プラズマの研究—特に共鳴探針法の発明

  • 写真なし高山 一男
高山氏は広範に均一な低密度プラズマを発生する大型放電箱を設計製作し,網状球形探針が陽イオン密度測定に充分使用できること,電子密度,電子温度の測定は電離層を観測する場合には幾分困難を伴うことを明らかにした。網状球形探針は東京大学生産技術研究所のロケット,カッパ8型に着装して電離層の陽イオン密度の観測に用いられている。高山氏は,さらに前記大型放電管を用いて探針に高周波をかけ,その周波数を掃引し,プラズマ振動との共振点を求め,電子密度を得ると共に,その共振点の両側の周波数における探針電流から電子温度を得ることを明らかにした。この方法はラングミュア探針法に比較して低密度においては,はるかに信頼度の高い,迅速な方法であって,実際にロケット観測においても優秀な成果を収めた。高山氏は以上の他,双探針法の考案,プラズマにおけるイオンの易動度の測定,無雑音プラズマの研究等多くの研究がある。


 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1962年、高山 一男(名古屋大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1962
キューバ危機が起こる。
1962
ザ・ビートルズがデビューする。(イギリス)

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

低密度プラズマ、共鳴探針法、大型放電箱、網状球形探針、陽イオン密度、ラングミュア探針法、双探針法、電離層、プラズマ振動、電子密度、電子温度、易動度、無雑音プラズマ
Page Top