1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2295)

静電磁場における電子及びイオンの運動に関する研究

  • 写真なし岩田 義一
岩田義一氏は,天体力学において高度に発達した古典力学の技法に通暁して,これを電磁場中の荷電粒子の運動に対して縦横に駆使して,見透しのよい体系を展開した。特に,完全集束の写像を行うような光学系を探す方針を確立し,その具体的な例を枚挙できたことは,今後の利用立体角の大きい,明るい光学系の技術の基礎を築いたものといえる。また核融合研究に必要な荷電粒子のトラップとしても使えると予想される。この完全集束の光学系の一例は,東大宮本研究室で,電子について実験的に検証されており,イオンについても実験 計画がたてられている。日本の多くの研究者が先進国の研究者の描いたパターンの中で仕事をしているのに対比して,岩田氏の研究は問題の把握の仕方に独創性があり,高く評価される。


 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1964年、岩田 義一(東京大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1964
海外観光が自由化される。
1964
東海道新幹線が開通する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

静電磁場、荷電粒子、核融合、完全集束、光学系、電子、イオン
Page Top