1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2281)

基本粒子の対称性の応用

  • 写真なし菅原 寛孝
 菅原氏の業績は,素粒子の対称性を具体的な弱い相互作用及び抽象的な場の理論に応用して大きな成果を挙げ,それぞれに新しい局面をひらいたことにある。菅原氏は,ハドロンの弱い相互作用による崩壊現象に対して,適当な対称性を仮定することにより,色々な崩壊過程の間に成立つ関係式を見出した。この関係式はリー・菅原の和則と呼ばれ,実験との一致もよく,現在では理論・実験両者のチェックとして用いられる極めて基本的なものである。また更に対称性の研究の一つの方法として,有力なカレント代数の方法を用いて,個々の崩壊過程の起きる確率を計算するいわゆる「鈴木・菅原の方法」を発展させた。また上述のカレント代数の方法が場の理論に代わる理論の出発点とし採用出来ないかという問題に関して,菅原氏は一つの模型を提出することにより,或る意味でこれが可能であることを示し,この問題に対する一つの解答を与えた。

 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1971年、菅原 寛孝(東京大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1971
ベトナム反戦運動が盛んに展開される。(アメリカ)
1971
中国が国連に復帰する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

基本粒子、弱い相互作用、抽象的な場の理論、ハドロン、リー・菅原の和則、カレント代数、鈴木・菅原の方法、対称性、素粒子、崩壊現象、場の理論
Page Top