1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2243)

超新星爆発に伴うニュートリノの検出

  • 写真なし小柴 昌俊
  • 写真なし戸塚 洋二
  • 写真なし須田 英博
小柴氏をリーダーとするグループは陽子崩壊実験のため,岐阜県神岡地区に約3,000トン水槽からなる巨大な水チェレンコフ検出器を建設し実験を行ってきていた。同氏らはこの検出器が天体ニュートリノの検出にも有効であることに着目し,低バックグラウンド化に努力をかたむけていた。1987年2月23日に大マゼラン雲でおきた超新星爆発は数百年に一度の肉眼で見ることの出来る稀な歴史的なイベントであったが,神岡の地下実験施設では光による観測時刻に先立つ3時間前にパルス状に到来した11ヶのニュートリノを検出した。このニュートリノバーストの発見は単に超新星爆発の理論の大筋を確かめたばかりでなく,ニュートリノの性質をあ る程度まで規定し,素粒子物理学にも大きなインパクトを与えつつある。またこの観測の成功は,新しいニュートリノ天文学を切り拓く端緒として重要な意義を持っており,今後同分野の発展が大いに期待されることとなった。


 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1987年、小柴 昌俊(東海大学)、戸塚 洋二(東京大学)、須田 英博(東京大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

1987年2月23日
大マゼラン雲で超新星爆発起きる
2002年
小柴昌俊とレイモンド・デイヴィスがノーベル物理学賞を受賞

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

超新星爆発、陽子崩壊実験、水チェレンコフ検出器、大マゼラン雲、神岡地下実験施設、超新星爆発、ニュートリノバースト、素粒子物理学
Page Top