1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2236)

電子型銅酸化物超伝導体の発見

  • 写真なし十倉 好紀
 十倉氏は新しく電子型銅酸化物超伝導体Ln2-xCexCuO4+y(Ln=Pr,Nd,Sm)を発見した。従来知られていた高温超伝導体La2-xSrxCuO4,YBa2Cu3O7,その他Bi系,Tl系においては超伝導体はこれら物質の含むCuO2面内にドープされた空孔によって生じるのに対し,この物質では電流CuO2面内にドープされた電子によって運ばれる。その結晶構造はLa2CuO4(T型)と同じくペロブスカイト構造をもつが原子配置が少し異なりT型構造をとる。この構造ではLn3+イオンを置換されたCeは4価となり余分の電子CuO2面内にはいると考えられる。この新しい電子型超伝導体の発見は高温超伝導体現象が空孔型のみならず電子型でも発生することを示し,高温超伝導の発生機構の解明に重要な手がかりとなる一つの事実を提供するものとして特に注目される。


 本研究の成果に対して、仁科記念財団は、1990年、十倉 好紀(東京大学)に仁科記念賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1990
大学センター試験が始まる。
1990
東西ドイツが統一される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電子型銅酸化物超伝導体、Ln2-xCexCuO4+y、Ln=Pr,Nd,Sm、高温超伝導体、ペロブスカイト構造、T型構造、高温超伝導現象
Page Top