1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2175)

地球大気環境に関わるオゾンとエアロゾル研究の推進

  • 近藤 豊近藤 豊
 大気中のオゾンの実態を調べるため、窒素酸化物の新測定法を開発。世界各地で計測し、窒素酸化物がオゾン破壊に及ぼす影響を明らかにした。また、不完全燃焼で生じるBlack Carbonと呼ぶエアロゾル粒子の質量と光学特性を計る手法も開発。広汎な計測により、その地球環境への影響を解明した。

 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2014年、近藤 豊(東京大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

地球大気環境、エアロゾル研究、成層圏オゾン破壊、気球用測定器、窒素酸化物、フロン、オゾン破壊反応、対流圏オゾン、温室効果、ブラックカーボン、Black Carbon、COSMOS、気候変動予測、地球環境問題
Page Top