1. HOME
  2. 物理関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2154)

太陽系外惑星とその形成現場のすばる望遠鏡による研究

  • 田村 元秀田村 元秀
系外惑星の直接撮像

図1 系外惑星の直接撮像

 観測装置HiCIAOを開発し、すばる望遠鏡の補償光学装置と組み合わせることにより、太陽型の恒星を周回する系外惑星の直接撮像に初めて成功した。また、惑星の形成現場である星周円盤を多数観測して、それらが多様な構造をもつことを明らかにし、惑星形成の謎を解き明かす重要な観測情報をもたらした。
 

 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2014年、田村 元秀(東京大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

物理
(物理)

関連する出来事

1995年10月6日~1995年10月6日
系外惑星の観測
2011年
ケプラー衛星による惑星候補の同定。

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

太陽系外惑星研究、すばる望遠鏡、ドップラー法、トランジット法、ケプラー衛星、林モデル、惑星系円盤、巨大系外惑星候補、星周円盤構造、HiCIAO、すばる戦略枠観測、SEEDS、系外惑星直接観測
Page Top