1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2142)

世界初の66kV/6kV-三相2MVA 高温超電導変圧器の開発

 再生可能エネルギーの大量導入、CO2 低減による環境保全、省エネルギー化が推進される中で、電力を一層安定で高効率に供給するため、超電導技術を用いた電力機器の早期実用化が期待されている。この中で、本超電導変圧器を世界に先駆けて開発できた。
 本変圧器は20MVA 実用変圧器の技術(線材量の異なる以外)が確立でき、JEC2200 変圧器に準拠して検証できている。また、超電導変圧器の特長である限流機能も反映して、20MVA 変圧器の実用化に向けた技術を確立できた。
 超電導変圧器は電力用に加え、産業用(工場、オフィスピル)や輸送用(鉄道、船舶)など適用範囲が広いので、その適用拡大が期待される。

 本研究の成果に対して、電気学会は、2014年、五所 嘉宏 (九州電力株式会社)、江口 徹 (九州電力株式会社)、富岡 章 (富士電機株式会社)に進歩賞を贈った。

文献

[1] 五所嘉宏、江口徹他、「 2MVA 超電導変圧器の開発と試験結果」、平成25 年電気学会エネルギー部門大会、(平成25 年8 月).
[2] 富岡章、坊野敬昭他 、「2MVA 級超電導変圧器の設計・試作」、平成25 年電気学会エネルギー部門大会、 (平成25 年8 月).
[3] 坊野敬昭、富岡章他 、「2kA 級大電流巻線モデルの試験結果」、平成25 年電気学会エネルギー部門大会、 (平成25 年8 月).
[4] 江口徹、五所嘉宏、林秀美他、「20MVA 級超電導変圧器の設計検討」、平成25 年電気学会エネルギー部門大会、 (平成25 年8 月).
[5] 五所嘉宏、江口徹他、「 イットリウム系超電導電力機技術開発 超電導変圧器技術開発 事業原簿(事後評価)」、NEDO 事後評価分科会、(平成25 年7 月).
[6] A. Tomioka, et al., 「AC over-current test results of YBCO conductor for YBCO power transformer with fault current Limiting function」, Physica C: Superconductivity, Vol. 471, No.21, pp.1367-1373, 2011.
[7] A. Tomioka, et al., 「The short-circuit test results of 6.9 kV/2.3 kV 400kVA-class YBCO model transformer」, Physica C: Superconductivity, Vol.471, No..21, pp. 1374-1378, 2011.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

超電導変圧器、JEC2200 変圧器準拠、冷却システム
Page Top