1. HOME
  2. 医学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2126)

DNA異変検出のSSCP法の発明

  • 関谷 剛男関谷 剛男
 微細なDNA異変を簡便に検出するSSCP法の発明により広く癌研究の発展に寄与し、又機関紙JJCRの編集に多大な貢献をした。

 本研究の成果に対して、日本癌学会は、2001年、関谷 剛男(医薬品副作用被害救済研究振興調査機構)に吉田富三賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

基礎(医学)
(基礎(医学))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2001
米国中枢で同時多発テロが発生する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

DNA異変検出、SSCP法、DNA、がん、ras遺伝子、p53遺伝子
Page Top