1. HOME
  2. 医学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2124)

胃がん(癌)の発生に関わる主要ながん抑制遺伝子RUNX3の発見

  • 伊藤 嘉明伊藤 嘉明
 胃癌の発生に関わる主要ながん抑制遺伝子RUNX3を発見した。この発見は国内外で高く評価されており、癌研究に多大なる貢献をなした。


 本研究の成果に対して、日本癌学会は、2003年、伊藤 嘉明(Institute of Molecular CellBiology, Singapore)に吉田富三賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

基礎(医学)
(基礎(医学))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2003
国立大学法人法が成立する。
2003
日米欧などの国際チームがヒトゲノム解読完了宣言をする。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

胃がん(癌)、がん抑制遺伝子RUNX3、がん抑制遺伝子、RUNX3、分子生物学、ポリオーマウイルス、T抗原
Page Top