1. HOME
  2. 医学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2110)

胃の二重X線造影法の開発と普及による癌研究・癌治療への展開

 胃の二重X線造影法の開発と普及を通じて優れた業績を挙げ、広く癌研究と癌治療の発展に寄与した。

 本研究の成果に対して、日本癌学会は、1998年、市川 平三郎(国立がんセンター)に長與又郎賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

基礎(医学)
(基礎(医学))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1998
長野オリンピックが開催される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

二重X線造影法、胃、癌研究、癌治療
Page Top