1. HOME
  2. 医学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2104)

世界初の大腸がん検診の症例・対照研究にもとづく、大腸がんを含む各種のがん検診の疫学研究

 本研究は日本のがん検診を科学的根拠にもとづくものとするための、世界で初めての大腸がん検診の症例・対照研究であり、大腸がん検診の有効性を明らかにし、その他各種のがん検診の疫学研究によりその有効性の有無とその大きさを証明した。更に、大規模集団を対象にした医療費と検診に関する研究でがん検診が経済的にも有意義であることを証明した。


 本研究の成果に対して、日本癌学会は、2004年、久道 茂(東北大学)に長與又郎賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

基礎(医学)
(基礎(医学))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2004
スマトラ沖で地震(M9.0)が発生し、死者・行方不明者数が30万人以上に上る。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

大腸がん、がん検診、疫学研究、医療費
Page Top