1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号21)

ミリ波帯を使ったハイビジョンFPU

38GHz帯ハイビジョンFPU

図1 38GHz帯ハイビジョンFPU

42GHz帯ハイビジョンワイヤレスカメラ

図2 42GHz帯ハイビジョンワイヤレスカメラ

 ハイビジョン番組を中継するために、ミリ波帯電波を利用した無線中継伝送装置(FPU)の研究開発が始まったのは1980年のことであった。

 その年、NHK技術研究所が中心となって、ミリ波帯のうち38GHz帯を用いてハイビジョン信号の伝送が可能な最初のFPUが製作されたが、郵政省の周波数割り当て方針の変更によって42GHz帯への周波数移行が行われ、1985年に実験局免許を取得して伝搬実験が行われた。比較検討の結果、伝送方式としてはTCI方式が採用され、この方式による42GHz帯ハイビジョンアナログFPUはのちに実用化された。

 またNHK技術研究所では1989年、42GHz帯を用いてスポーツ中継用のハイビジョンワイヤレスカメラの研究開発を開始した。ハイビジョンのコンポーネント信号(Y、PB、PR信号)をそれぞれFM変調し、周波数多重円偏波多重を用いて、80MHzの帯域幅で伝送可能なワイヤレスカメラが実現された。これは全米フットボール・リーグ(NFL)のスーパーボールなど屋外でのハイビジョン中継で活躍した。


文献

[1] 今野, 高野、38GHz帯による伝送実験、1981年、NHK技研月報,Vol.24,No.11/12
[2] 高野、42GHz帯ハイビジョン番組中継用験局、1985年、NHK技研月報,Vol.28,No.12
[3] 水野ら、42GHzハイビジョンワイヤレスカメラ用小型送受信装置、1993年、信学論,J-76-B-Ⅱ,No.8, pp.669-678

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(無線や光による伝送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

FPU、素材伝送、ハイビジョン、ミリ波、ハイビジョン、無線伝送、変復調、番組制作・運行
Page Top