1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2069)

北杜サイトにおける大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究

 将来に向けた大規模電力供給用PV システム構築のため、国内初のメガワット級の実証試験設備を構築し、系統安定化等の試験を2006年度(H18年度)から2010年度(H22年度)に掛けて行った。第1 期では9 カ国から24 種類の先進的PVモジュール600kWを構築。同環境条件下で各種PV モジュールの特性を評価した。第2 期では第1期の評価結果を元に4 種類を選び、1200kW PV システムを構築し、既存系統に悪影響を与えることなくシステムを系統連系し安定に運転を行うため以下の機能を持たせた400kW 大容量パワーコンディショナーを開発した。機能は太陽光出力変動による系統電圧変動の抑制、高調波抑制、及び系統事故時の運転継続である。これら機能は実証試験設備において検証した。但し、運転継続機能については工場試験において検証したが試験サイトではされておらず、系統での事故発生を待って確認する予定である。第3 期では更に評価が必要と考えられるPV モジュール4 種類40kWを構築した。現在トータル容量1840kWで運転中である。設備稼働率は15%以上と通常の12%に比べて高い。研究では構築の手引書と解析ツールを作成しNEDO Web 上で公開した。

 本研究の成果に対して、電気学会は、2012年、小西博雄 (株式会社 NTTファシリティーズ)、植田 譲 (東京工業大学)、津野裕紀 (独立行政法人 産業技術総合研究所)、中村知治 (株式会社 日立製作所)に電気学術振興賞 進歩賞を贈った。

文献

[1] 小西 博雄、「太陽光発電システム技術について」、電気学会論文誌B 特集記事、平成22 年3 月号 .
[2] 内山 倫行、 宮田 博昭、 伊藤 智道、 小西 博雄、 「大規模太陽光発電システムの無効電力制御による電圧変動抑制」、 電気学会論文誌B、平成22 年3 月号.
[3] 小西 博雄、 田中 良、 角田 二郎、「北杜メガワットソーラプロジェクトの研究概要」、平成21 年電気学会全国大会予稿S1-8、 北海道大学高等教育機能開発総合センター、2009.
[4] Hiroo Konishi, Takeshi Iwato, and Mitsuru Kudou, 「Development of Large-scale Powerconditioning system in Hokuto Mega-Solar Project」, IPEC2010, 23F3-1, 2010.
[5] 小西 博雄、「S24 日本型スマートグリッドに向けた課題と展望、S24-3 大規模太陽光発電系統安定化実証研究(2)~北杜メガソーラ~」、H22 年電気学会全国大会シンポジウム予稿、S24-3、明治大学駿河台キャンバス 3 月、2010.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

太陽光発電、大規模電力供給、PVモジュール
Page Top