1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2062)

医療機器へのマイクロ技術の応用

 低侵襲医療機器にMEMS をはじめとした微細加工技術を利用することで、体内への挿入性に優れた小型化と高機能・精密さの両立が実現され、さらにMEMS 技術の積極的な利用による一括作成が低コスト化ばかりでなく感染の心配のない使い捨て(ディスポーザブル)化などが実現される。
 受賞者は、具体的な成果として光ファイバーを電磁駆動させることによる細径かつ高解像度の光学内視鏡、形状記憶合金を用いた能動屈曲カテーテルおよびディスポーザブル(使い捨て)を目指した細径電子内視鏡、また、超音波を用いた検査、治療機器等の開発を行い、その動作と性能評価を行った。さらに超音波を用いて経穴を刺激するといった臨床的な効果の確認を含めた新たな応用の開拓も進め、それぞれ実用化へ向けた開発と実用化へ向けた活動を行った。

 本研究の成果に対して、電気学会は、2012年、芳賀 洋一 (東北大学大学院医工学研究科)に電気学会 進歩賞Eを贈った。

文献

[1] 牧志 渉, 池田雅春, 江刺正喜, 松永忠雄, 芳賀洋一,「使い捨て化と細径化を目指した形状記憶合金を用いた能動屈曲電子内視鏡の開発」,
電気学会論文誌E( 平成23 年3 月 )
[2] T. Matsunaga, R. Hino, W.Makishi, M. Esashi and Y. Haga,「Small Diameter High Resolution Endoscope Using Electromagnetically Vibration of Single Fiber」, IEEJ Trans. SM( 平成21 年11 月 )
[3] T. Mineta and Y. Haga ,「Chapter 6 Materials and Processes in Shape Memory Alloy」, MEMS Materials and Processes Handbook  ( 平成23 年6 月 )
[4] N. Tsuruoka, M. Watanabe, T.Seki, T. Matsunaga and Y. Haga,「Acupoint Stimulation Device Using Focused Ultrasound」,
32nd Annual International IEEE EMBS Conference, Buenos Aires( 平成22 年9 月 )

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電子・デバイス
(応用技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

光ファイバー、医療機器、マイクロ技術
Page Top