1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号2043)

画像処理技術を活用した食事ログに関する先駆的研究

  • 相澤清晴相澤清晴
FoodLogシステム概要

図1 FoodLogシステム概要

FoodLog トップページ

図2 FoodLog トップページ

FoodLog 表示例

図3 FoodLog 表示例

ユーザが食事の写真をアップするだけで食事日誌をつけることができる、FoodLogというシステムを世界に先駆けて開発し、大規模稼動公開システムへと発展させた。さらに、画像処理を用いて必要な栄養指標の推定が行えるようにした。

 本研究の成果に対して、映像情報メディア学会は、2012年、相澤清晴(東京大学)に丹羽高柳賞 業績賞を贈った。

文献

1) K. Kitamura, T. Yamasaki, K. Aizawa, Food Log by Analyzing Food Images, ACM Multimedia 2008
2) 北村圭吾、山崎俊彦、相澤清晴,食事ログの取得と処理 -画像処理による食事記録-, 映像情報メディア学会論文誌, 2009
3) 相澤清晴, ライフログの実践的活用:食事ログからの展開, 情報処理学会誌, 2009
4) T. Miyazaki, G. C. de Silva, K. Aizawa, "Image‐based Calorie Content Estimation for Dietary Assessment", International Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities, 2011
5) 相澤清晴,小川誠, "マルチメディア食事記録と画像処理による食事内容解析", 情報処理学会誌, 2011
6) G.C.De Silva, K. Aizawa, "Clustering Meal Images in a Web-based Dietary Management System", IEEE ICME Workshop Multimedia Services and Technologies for E-health, 2011
7) K. Aizawa, "Multimedia FoodLog: Diverse Applications from Self-Monitoring to Social Contributions", ITE Transactions on Media Technology and Applications, 2013
8) K. Aizawa, Y. Maruyama, H. Li, G. C. de Silva, "Food Balance Estimation by Using Personal Dietary Tendencies in a Multimedia Food Log", IEEE Trans. Multimedia, 2013 (in press)

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(マルチメディア情報処理)
情報処理
(その他(情報処理))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

画像処理、マルチメディア、ライフログ、食事記録、食ログ
Page Top