1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1867)

衛星デジタル放送の大容量化

 強力な誤り訂正方式の設計と急峻なフィルタ特性の適用により、衛星の伝送容量を現行方式に比べて30%以上増大させ、あわせてIP伝送も可能な高度衛星デジタル放送方式を開発した。これにより衛星放送の高画質化やダウンロード放送などの新しい放送サービスが可能となり衛星放送の発展に顕著な業績を挙げた。

 この技術に対して、映像情報メディア学会は、2008年、正源和義氏(NHK)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(放送の方式と処理技術)
放送
(放送局の仕事と設備)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2009
鳩山由紀夫(民主・社会・国民新連立)内閣が発足する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

誤り訂正、伝送容量、IP伝送、ダウンロード放送、衛星放送、ディジタル放送
Page Top