1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号169)

名古屋市における景観照明

  • 写真なし眞崎 義明
  • 写真なし山口 守彦
  • 写真なし由井 求
  • 写真なし尾関 利勝
  • 写真なし原 宏
  • 写真なし林 英光
  • 写真なし安彦 建夫
  • 写真なし臼井 進
  • 写真なし樋尾 賢吾
久屋大通地区の「あかりのエリア」

図1 久屋大通地区の「あかりのエリア」

デザイン博の白鳥会場

図2 デザイン博の白鳥会場

 ライトアップといえば長い間、歴史的建造物などの単体施設を照明する手法が一般的であった。それを点から線へ、さらに面や空間のライトアップへ発展させようと発想したのが名古屋市である。

 そのきっかけは名古屋市が1980年ごろから組織・施策・指針の3本柱で取り組んだ都市景観行政であり、1987年には「名古屋市都市景観基本計画」の基本目標の一つとして「活気に満ちた魅力あるまち」から「夜の魅力あるまち」づくりへ、さらに街のライトアップへと発展していった。

 例えば久屋大通地区では、官民一体となって地域全体を対象とする「あかりのエリア」を構想し、都市に奥行き、深み、広がりを醸し出す効果を上げた(図1参照)。

 市制100周年を記念して1989年、世界デザイン博覧会(図2参照)を開催したが、会場内照明だけでなく都市景観を重視した照明計画を立案し、「デザイン都市宣言」を行った。そして同年(平成元年)を「デザイン元年」として、都市空間のライトアップを方向づけた。


 本研究の成果に対して、照明学会は、1989年、こうしたライトアップ計画を進めた眞崎 義明(名古屋市)、山口 守彦(名古屋市)、由井 求(世界デザイン博覧会協会)、尾関 利勝(地域計画・建築研究所)、原 宏(世界デザイン博連合)、林 英光(愛知県芸術大学)、安彦 建夫(松下電工)、臼井 進(松下電工)、樋尾 賢吾(日本街路灯製造)に日本照明賞を贈った。

文献

[1] 世界デザイン博覧会の会場内照明計画、1989年、照明学会誌 VOL.73

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

照明
(照明技術)

関連する出来事

1989年
単体施設のライトアップから、面的な、空間としてのライトアップに成功。名古屋市「デザイン都市宣言」

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

都市景観、景観照明、世界デザイン博、都市環境照明、ライトアップ、屋外照明技術
Page Top