1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1335)

画期的な雷観測システムの開発と冬季雷の特性の解明

雷放電進展様相自動観測装置

図1 雷放電進展様相自動観測装置

上向き雷

図2 上向き雷

多地点同時雷撃

図3 多地点同時雷撃

電気学会は、この成果を称えて、金尾誠一氏、鈴木俊男氏、三宅久仁彦氏に、1991年、電気学会振興賞(進歩賞)を贈呈した。


文献

[1] K. Miyake, T. Suzuki, M. Takashima, M. Takuma, and T. Tada、Winter Lightning on Japan Sea Coast - Lightning Striking Frequency to Tall Structure -、1990年、IEEE Trans. on Power Delivery, Vol.5, No.3, pp.1370-1376 (1990)
[2] S. Yokoyama, K. Miyake, T. Suzuki, and S. Kanao、Winter Lightning on Japan Sea Coast - Development of Measuring System on Progressing Feature of Lightning Dischargeng -、1990年、IEEE Trans. on Power Delivery, Vol.5, No.3, pp.1418-1425 (1990)
[3] 三宅、岸島、鈴木、三谷、高島、日本海沿岸における冬季雷の雷撃特性、1990年、電気学会誌、110-B巻、11号、944-951(平成2年)

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1991
雲仙普賢岳で大火砕流が発生する。
1991
湾岸戦争が始まる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本海沿岸の冬季雷、上向雷、多地点同時雷撃、正極性雷撃、巨大電荷量、雷放電進展様相自動観測装置、送電
Page Top