1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1157)

「笑顔量産夢工場」電通本社ビルの光環境計画・実施

ベース&ファンクション照明比較

図1 ベース&ファンクション照明比較

電通本社ビル執務室

図2 電通本社ビル執務室

ベース&ファンクション照明比較表

表1 ベース&ファンクション照明比較表

 オフィスという生活空間を重視し、自然光を積極的に活用、照明用電力密度10.6W/m2と最小限の人工光による心地よい光環境を実現している。従来手法を素直にシンプルに工夫することで、メンテナンスと省エネ配慮の照明システムが開発実現されている。人間の「視覚」の原点に迫り、暗すぎず明るすぎることない本来の光のあり方を見つけ出している。

 「セラミックプリントガラス+エアフローウィンドウ+自動制御ブラインド」システムを設計・実践し、従来にない高度な昼光制御システムを確立し、を実証した。昼光制御による省エネシステムとエレガントなファサードを両立させたデザインは、将来の照明設計・設備に新しい指針を与え、日本の照明環境のグレードアップにつながると思われる。

 この技術に対して、照明学会は、2002年、産形康彦氏(電通)、盛和春氏(同左)、川瀬俊二氏(大林組)、磯崎日出雄氏(同左)、紺谷真佐博氏(同左)、小林真登氏(東芝ライテック)、中山勝豊氏(オークビルサービス)、橘高康宏氏(東芝ライテック)、伊藤実氏(松下電工)に日本照明賞を贈った。


文献

[1] 小林真登、丸山辰雄、中山勝豊、ベース&ファンクション照明の開発、2000年、第33回照明学会全国大会講演論文集、p.90

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

照明
(照明技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2002
日韓で第17回サッカーワールドカップが開催される。
2002
欧州単一通貨「ユーロ」が12カ国で流通開始する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

昼光制御システム、屋内照明技術
Page Top