1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1150)

高速道路用長大トンネルの照明技術開発

 世界的にも屈指の長大トンネルの建設にあたり、長大トンネル特有の問題点である換気設備と照明設備の関連、円滑な交通流を確保しつつ照明器具の保守作業を容易にすることを目的とした照明方式、非常時における照明システムの確立など多くの問題点を長年にわたる調査、実験、研究によって解決し、我国最長の「関越トンネル」および「恵那トンネル」の照明設備として完成させ、優れたトンネル照明効果を発揮した。

 この技術に対して、照明学会は、1985年、北村照喜氏(日本道路公団)、岡野和夫氏(同左)、佐藤好氏(同左)に日本照明賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

照明
(照明技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

高速道路用長大トンネル、屋内照明技術
Page Top