1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1149)

画素ずらしによる高精細固体カメラの開発

 固体撮像素子を用いるテレビカメラの研究・開発において、画素ずらしを効果的に適用する撮像方式を開発し、カメラの小型化、高画質化に多大な寄与をした。開発した方式は、ハイビジョンカメラの固体撮像素子化を促進するとともに、少ない画素数で高い解像度を得るという特長を活かして、超高精細カメラにも適用され、新たな技術フロンティアを開拓するキーテクノロジーとなっている。

 この技術に対して、映像情報メディア学会は、2006年、藤田欣裕氏(NHK)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(情報の取り込みと表示)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2006
国際天文学連合総会で太陽系惑星数が8個と定義され、冥王星が除外される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

画素ずらし、固体撮像素子、ハイビジョンカメラ、超高精細カメラ、テレビカメラ、撮像
Page Top