1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1142)

HDTV圧縮符号化システムの開発と実用化に対する貢献

 多年、テレビ信号のディジタル伝送の研究、開発に従事し、HDTV素材伝送用の高画質独自圧縮符号化システムを世界に先駆けて開発した。これは、アトランタ、長野両オリンピックをはじめとする各種国際中継に活用された。その後、MEPG-2のHDTV最適化システムの開発に取組み、国内・国際番組中継に導入し、わが国のHDTV発展に寄与した。

 この技術に対して、映像情報メディア学会は、2003年、松本修一氏(KDDI研)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(放送の方式と処理技術)
放送
(家庭用映像機器)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2003
国立大学法人法が成立する。
2003
日米欧などの国際チームがヒトゲノム解読完了宣言をする。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

HDTV、高画質圧縮符号化システム、国際中継、映像符号化、ハイビジョン
Page Top